はんこじゃないよ☆旅立ち
平成29年 6月25日 日曜日

午後5時 8分

パパネコグレープ 17歳と22日

虹の橋を渡り旅立っていきました



2年程前から腎不全で

夏になると食べられなくなり2kg程まで痩せて

それでも頑張って

食べられるようになって3㎏まで太って

また次の夏が来ると食べられなくなって

2㎏まで痩せて・・・

またまた頑張って

食べられるようになって3kgまで太って・・・・・


と毎年辛い状況を克服してきたグレープ


今年

暑くなってきた頃からやっぱり痩せてきて

誕生日が3日過ぎた6月6日。


実はずっと体調が悪いのはわかってて

吐くことが増えていて、痩せてきていて

とうとう赤いものを吐き、食べなくなって

それでもやっぱり今回も頑張って

少しずつ食べられるようになってきたのですが

ちょっといつもと違うなって思っていました。


主人ともあまり長くないかもしれないから

ウチでのんびりさせてあげたいと

病院へは行かずにウチで穏やかに生活していました。


それから1週間程たってとうとうご飯を受け付けなくなり

主人には相談しないで病院へ連れて行きました。


脱水症状緩和の為の皮下点滴とビタミン剤を与える事しか出来ないのですが

それでも病院から帰ってきたとたん

いままでスポイトで口の中に入れていたご飯を

自分から食べてくれました


脱水は本当に辛いこと。

それから様子を見ながら点滴をしてもらいました。


今の世の中

高齢ネコちゃんでも食べやすいペースト状のご飯が

沢山売られていますので

グレープも助けられました。


それでもやっぱり徐々に食べられなくなり

筋力、体力が落ち歩きがフラフラになり

段差を転げ落ち

飲んでいた水にバランスを崩して倒れこみびしょ濡れになり

トイレに行きたくても真っ直ぐ歩けず倒れこみながらも

頑張ってトイレに行き

それも出来なくなり寝たきりになり

でもトイレシートで用を足すことを嫌がって

トイレに行きたくてもがき・・・・・・


最後まで努力をしていました。


私はそんなグレープの様子をずっとずっと側で見ていました。


6日から25日までの間に

何度ももうだめかと思った瞬間がありましたが

そのたびに努力し続けたグレープ。


私も頑張らないわけにはいきません。

毎日毎晩一緒に過ごし

買い物に行くのも最小限にして

どんな変化も見逃がすものかと

ちょっと物音がすればすぐ飛んで行く!

グレープとの濃い時間を過ごしました。


ご飯も食べられない

動くこともほとんどしない

目も見えていないようで

たぶん意識はもうろうとしていたのでしょう。

最後は

痙攣をおこして

座薬を入れたらおさまるかもしれないと言うことで

病院へ行こうと抱っこしたその時


病院はいきたくないニャ!!


グレープはそう抵抗したように苦しみだし

病院へ行くのはやめ

抱きかかえながら最後の時をこの目でしっかり

グレープの頑張りをしっかりと

私1人しか家にいなかったのでしっかりと見届けました。


本当に、本当に

グレープの頑張りは凄かったです!

偉かったです!!



もしかしたら・・・という思いがあって

朝出かける次男に

グレープナデナデしてあげてね!って

お別れの時間が取れた事は良かった・・・


次男は6月19日が誕生日で16歳。

グレープの1歳下で

産まれた時からずっとグレープと育ってきました。


徐々に弱っていくグレープを

次男なりにしっかり受け止めてくれて

今回は泣きませんでした。

前回キイが亡くなったときは急だったのでそれはそれは泣きました。


私も泣きました。


グレープは頑張ったね!老衰だよ。

仕方ないよって

次男は私に言ってくれました。


それは私の辛い気持ちを和らげてくれた言葉でした。



病院の院長先生は

私がなるべく笑顔で居たかったので笑顔で挨拶したら

グレープちゃん少し復活しましたか?って聞いてくれました。

(受診はほかの先生にやってもらっていました)


いえいえ

復活どころかその2日後に旅立ったのですから

もうほどんと動かない状態でした。


先生は私の笑顔を見てその言葉をかけてくれたのだと思います。


そしてネコが調子悪くてちょっと難しいかも・・・って伝えた知り合いには

17歳って、ウチのネコ22歳だけど17歳のころピンピン元気でしたよ~って



グレープの状態が分からないから仕方のないことなのですが

笑顔だからいい感じ・・・

今時のネコちゃんは長生きだから17歳はまだまだ若い・・・・

そんな先入観

私も持っていた様な気がします。


今この立場でそれらの言葉を聞くと

もし私がこれから同じような話を聞いた時

違った言葉をかけるでしょう。

いや、もしかしたら上手い言葉が見つからないかもしれません。



主人は病院へ連れて行くと死んじゃう・・・と思いこみ

(確かに亡くなった3匹とも病院へいって程なく亡くなりましたから仕方ないのですが)

やっぱり病院へ行くのも考えものだな・・・って言います。


私は思います。


病院へは早く連れて行った方が良いんだと思います。

ミルクは病院で検査のために麻酔をかけたら一気に悪くなりましたが

頑張り屋さんだったのでずっと我慢して抱えていたものが大きすぎたのです。

キイもやっぱり抱え込んで抱え込んで辛さを見せずにいたのです。


ただ

私も今回は病院へ連れて行くのを遅らせました。

その判断があっていたのか間違っていたのかわかりませんが

連れて行かなきゃ!って時が来たら

その瞬間は見逃さないようにしたいと思っていたので

今回はこれで良かったのだと思っています。


後悔ばかりしていたら

グレープのニャン生が可哀想なものになってしまう気がします。


だからこれで良かったのです。



悲しいです。

寂しいです。

とっても辛いです。

でも出来ることは精一杯やった!

そう思っているので良かったのだと思います。




言葉を話さないネコや動物達の

全てを分かる人なんて居ません。


でもきっと気持ちは通じる。

どうか皆様も

ご家族であるネコちゃんやその他すべてのペット達と

心通じる楽しい時間が少しでも長く過ごせますように・・・・・・



IMG_7482.jpg

点滴から帰ってきたら

何だが部屋の真ん中を陣取るグレープ


IMG_7485.jpg

やっぱり横顔が綺麗だね~


IMG_7486.jpg

おやおや

目ヤニもあるけど

お鼻にちゅーるついてますよ


IMG_7484.jpg

痩せ痩せで首輪がゆるゆるだね~


IMG_7527.jpg

殆ど動けなくなるちょっと前のグレープとのラブラブ時間

このころはお風呂場が気持ち良いらしく

1日中お風呂場で過ごしてました。


IMG_7016.jpg

3月頃のムチムチ3kgだった頃のグレープ



皆さま

今までグレープを可愛がってくださいまして

本当にありがとうございました




オーダーはんこの詳しいことはこちらから→


レッスンやオーダーは
 こちらからお問い合わせくださいね


Creemaに出品中→Creema




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ



ランキングに参加しています
いつもありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ:消しゴムはんこ - ジャンル:趣味・実用

[2017/06/28 15:39 ] | 日記 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top
<<久し振りに真面目☆ | ホーム | オーダーはんこ☆ゆるキャラ編>>
コメント
sakurakoちゃん・・・。
グレープ。こんなにも愛されて見守られて・・・。幸せな17年間だったよ。私も次男君の言葉にとても共感します。
落ち着いた雰囲気でかっこいいグレープ父さんの事忘れない!!
うまく言えない・・・(T_T)
[2017/06/28 18:34] | URL | とも #wRT6KaEQ [ 編集 ] | page top
グレープパパ、お疲れ様でした。
素晴らしい子たちをこの世に誕生させてくれたり、sakurakoさん一家を幸せいっぱいにしてくれて、本当に素敵な猫生だったと思います。グレープパパもsakurakoさまのお家で幸せな毎日をお過ごしだったでしょう。
最期はしんどかったですね。それでも必死で頑張り続ける姿、家族のみんなは一生忘れないと思います。グレープパパの頑張り、私もずっと忘れません。
今はもうミルクちゃんやキイちゃんに会えたかな。久しぶりの再会に、心ウキウキしている頃かな。
しばしのお別れだけど、永遠のお別れじゃないからね。sakurakoさんも、パパさんも、そしてオバちゃんもアンやエマやテオもみんなそちらの世界に行くからね。ちょっと待っていてね。
この世では会うことはできなかったけど、そちらの世界では是非抱っこさせてね。

sakurakoさま、本当にお寂しいでしょう。
考えただけで胸が張り裂けそうです。いつかは私も同じ経験をするのは間違い無いんですよね。その時のことを考えるだけで、そして今のsakurakoさんに悲しさを思うと涙が出ます。
でも、素晴らしい最後を迎えられたと思います。sakurakoさんに看取られて幸せいっぱいだったことでしょう。重大な重大な任務、ご苦労様でした。
看取ること、辛いけどそれが私たちの役目ですものね。寂しけど、悲しいけど、しばしのお別れ。
あちらで待っていてくれる子たちがいると思うと、死も怖く無いですよね。
今は心穏やかに、グレープパパを偲びたいと思います。
[2017/06/29 00:22] | URL | Anne ママ #- [ 編集 ] | page top
次男さん、朝、グレープ君を撫でて行かれたのですね。
本当に良かったです。
以前の記事で、確か次男さんがバドミントンの試合が終わった後で、力を使い果たした隣で寄り添っていたのがグレープ父さんだったと思います(2016年9月13日の記事です)
人間と猫なのですが、男同士で、なおかつ息子と父親みたいで(本当のお父さんごめんなさい!!)印象に残っていました。

動物を飼うと必ず別れがあります。
でも、その別れが、飼い主さんが見送ったという形になって本当に良かったのです。
次男さんが頭を撫で、その後にsakurakoさんが最後の瞬間を見届けてそれで本当に良かったのです。
[2017/06/29 15:11] | URL | 狸 #QNhcHVZU [ 編集 ] | page top
とも さん☆

ホントグレープは落ち着いたダンディーなネコでした(*^-^*)

可愛がってくれて本当にありがとうございました!!

これからも時々思い出してくれたら嬉しいです♪
[2017/06/29 18:39] | URL | sakurako #- [ 編集 ] | page top
Anne ママ さん☆

ママさんのお言葉、とっても心に沁みました。
グレープ・・・ホントお疲れ様って言葉が似合うネコでした。
結婚したばかりで色々イライラしていた私の心を慰めてくれた
結婚生活をずっと見ていて支えてくれたのです。

きっともうおいらが居なくても大丈夫ニャら~って
天国で言ってくれてると思います。

グレープの事、私も支えてあげられてたかな~
沢山可愛がってあげららえたかな~
幸せだったかな~

きっと幸せでしたよね(*^-^*)

Anne ママ さんにも沢山可愛がって頂きましてありがとうございました!
その時が来たら是非抱っこしてあげてくださいね♪
[2017/06/29 18:46] | URL | sakurako #- [ 編集 ] | page top
狸 さん☆

次男とグレープの関係は特別なものがあって通じるものがあるのだと思います。
そうでしたね~♪
バドミントンの試合後の2人の光景は今でも目に焼き付いて離れません。
さりげなく誰かの近くで寄り添ってくれてるネコでした。

だから次男とちゃんとお別れ出来た事、本当に良かったです。
狸 さんがそう言ってくださって、心が軽くなりました!
ありがとうございました(*^-^*)
[2017/06/29 18:51] | URL | sakurako #- [ 編集 ] | page top
こんばんは。

グレープ君、虹の橋を渡って行ったのですね。
たくさんの想い出を残して・・・・・

ウチのミーちゃんもウチに来て16年。
その時に一歳ぐらいだったからグレープ君と同じ歳かな?

同じように最近ずっと痩せています。
まだまだ他のニャンコと追いかけっこしたりしますがちょっと心配です。

ミーちゃん頑張ってや!
と毎日声をかけていますがいずれは別れの時がくるんですよね。

今の僕の状況ではその時に一緒にいてあげることが出来ないかもしれない。

それを思うと辛くなってきます。
[2017/07/06 02:33] | URL | 孝ちゃんのパパ #- [ 編集 ] | page top
孝ちゃんのパパ さん☆

ミーちゃん頑張ってや!頑張ってや!!

私も、「ミーちゃん頑張ってや!!!」って
毎日西の方に向かって声をかけますね(*^-^*)

色々考えてしまうと辛くなってしまう事もありますが
1日1日、1分1秒をミーちゃんや他のネコちゃん達と
楽しく過ごして下さいね♪

コメント嬉しかったです!グレープも喜んでいると思います♪
[2017/07/07 10:43] | URL | sakurako #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sakurakohanko.blog.fc2.com/tb.php/952-465250d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |